企業のきっかけは創業支援セミナーでした。

ビジネスコネクトふじのみやで、開業届けの書き方や青色申告の書き方や申請書を出すタイミングなどをサポート。

  • lueur
  • 業種:まつ毛サロン
  • 創業日:2020 年3 月

創業のきっかけ

もともと美容の学校に通い、美容師免許を持っていたのですが、全然生かせていないことがずっとモヤモヤ引っかかっていたんです。
出産して少し落ち着いたころに、美容師免許を生かした仕事がしたいと思い、昔からまつ毛にコンプレックスがあったこともあり、やるならまつ毛サロン!と決めていました。
以前子育て支援のNPO 団体に勤めていた際に富士宮市での創業支援セミナーに参加したのですが、富士宮市では起業に対するバックアップがしっかりしていることがわかったので、自分も始めてみよう、と考えたのがきっかけです。

創業時の不安と期待

子供がまだ小さい時に起業したので、最初は趣味程度にお店をやろうと考えており、テナントも借りず実家でのスタートでした。
なので、不安はそれほどなかったといえるかもしれません。
ただ、新型コロナウィルスが蔓延した時期の起業だったので、すぐ休業となってしまい、「この時期でよかったんだろうか」という不安はありました。それを振り払うためにも、休業期間中はとにかくSNS での広報活動を精力的にやりました。プライベートサロンなので、サロンの紹介や自分の紹介を中心に、お客様のBefore/After の写真を乗せて、このサロンにお客様が来ているという事をアピールするようにしていました。
その成果からか、休業明けからはお客様もどんどん増えてきたので、不安はあったけどあの休業期間があって良かったのかもしれないと今では思っています。

創業して良かったこと

仕事が嫌な日が一日もないです。
お客様に恵まれていることも大きいと思います。
リュールでは、まつ毛エクステはやらず、まつ毛パーマを専門にしています。目元は千差万別なので、奥が深く経験が必要ですし、やりがいは大きいです。こだわりを持ってやっているので、ほかのお店にいかれていた方も戻ってきてくれたりすることもあります。

創業して大変なこと

最初は自由な時間が増えると考えていました。でも実際はON/OFF の切り替えがとても難しいです。仕事が終わった後もスマホが手放せず、子供に怒られたりしています( 笑)。バランスを取ることがとってもたいへんです。

支援を受けて

開業にあたっての届け出についてのサポートをしていただきました。開業届けの書き方や青色申告の書き方や申請書を出すタイミングなどを富士宮商工会議所さんにご指導いただきました。
もともと、資金面での苦労はなかったのですが、「まつ毛サロン」は美容師と同じレベルを求められるので、保健所には何回も通いました。備品や店内の図面等何度もやり取りして許可書を出して頂きました。
そういった手続きの案内も、相談しなければわからない方も多いと思います。
今後も何か事業に関する事は自分が動く前にまず相談しようと考えています。年内に改装も予定していますし、それ以外でもホームページや機械を導入する際にも相談させて頂こうと思っています。

今現在、仕事で楽しいこと

お客様から「まつ毛を瀬川さんにやってもらってよかった」「毎日のお化粧のモチベーションが上がります」といったメールをいただけることが多くて、とてもうれしく思います。働く女性や子育て中のママの頑張るお手伝いができていると思うと、とても楽しいです。

これから創業する方へ一言

自分のように趣味程度ではじめてみるという気楽さもいいのかな、と思いました。新しいことへのチャレンジって結構ハードルが高いと感じるかもしれませんが、あまり自分にプレッシャーをかけずにちょっとずつやっていこう、という始め方もありだと思います。
誰かに相談するだけで具体的に見えてきたりするので、何か考えていることがあれば、是非一度ビジネスコネクトふじのみやに相談してみるといいかもしれません。

事業者情報